p02_05_blackbord

下地処理をきちんとしておくことが、長持ちのコツです

塗り替えに下地処理が重要だということはお伝えしましたよね。

どれだけ高級な塗料を使っても、下地処理ができていないと、2~3年で塗料が剥がれたり、錆びが出てしまったりします。

見えないところにこそ、しっかりと手をかける。

職人気質で、いい仕事をしたいという心ある会社でこそ、いい仕事ができます。

どんな下地処理があるのか、ご紹介します。

下地処理こそ塗替えのキモ『汚れを落とし補修し下地材を塗る』

高圧洗浄で汚れをきれいに落とします

塗装の前に、まずは塗り替える部分をきれいにします。

高圧洗浄で汚れを落とすと、こんなに色が変わりました!

 

傷みがひどい場合は、建材もあたらしく

下地処理ぼろぼろの建材の上から塗装をしていても、何の意味もありません!

診断によって修繕が必要な場合は、建材もあたらしく取り替え、塗りなおします。

右図は湿気で板材が傷んでしまった状態。はがして新しい板材に取り替えます。

左図は手すり腐食部を溶接補修しています。

ただペンキを塗るだけではないんですよ!

 

ひび割れも補修します

ひび割れ補修

塗装が剥がれ、コンクリートも割れてしまっている状態。

割れた部分を補修して、雨水が入らないようにします。

 

サビを落とすケレン(研磨)

サンダーがけで下地処理地の状態に応じて、紙やすりや電動工具(サンダー)などを使ってケレン(研磨)をします。

金属屋根などの場合は、表面がつるつるしているので、表面をわざと軽く傷つけ、その傷の中に塗料を食い込ませ、密着性を高めるのです。

かなり錆がひどい場合や剥がれている場合には、手作業では限界があるため、サンダーと呼ばれる電動工具を使って錆を削り落とします。

この作業をおろそかにすると、すぐに錆が発生したり剥がれたりする原因になります。

この作業は一番手間がかかりますが、塗装をする上で最も重要と位置づけられる作業です。

ケレン作業がしっかりと完了したのを確認後、錆止め塗料を全面に塗装します。

 

マスキング

マスキングテープで仕上げはキレイに塗料を塗る必要の無い箇所や、シーリングする箇所は、テープでマスキングをします。

この作業により、塗装の面では、塗料の飛びちりなどの汚れを防いで仕上がりを美しくし、 防水面では、シーリングによる確実な防水処理ができます。

 

隙間もしっかりと埋めるシーリング加工

シーリングで水処理も窓などの開口部の隙間を埋めるだけでなく、モルタル壁など、年月が経つと割れるおそれのあるものは塗装の前にシーリング補修をします。

ココで大事なのは、大きなひび割れがある箇所には「Vカット」と言って、サンダー(電動工具)でさらに幅広く切り込みを入れ、シーリング材でふさぎます。この作業をすることで、シーリング材が奥までしっかり入り込めるのです。

また、サイディングなどの目地部分のシーリングは、10年以上経過していると弾力性がなくなり、切れやすくなります。

ですから新たに塗装をする際には、シーリングは打ち替えることをお勧めします。

 

下塗りは数回塗ることも

下塗りは2度塗り3度塗り下塗りは吸い込み防止や、仕上げ塗料との密着性も高める大切な塗料です。

この下塗りをしないと、仕上がりが悪くなったり、剥がれる原因にもなりかねません。

また、吸い込みや劣化具合が激しい時は、下塗りを1回ではなく2~3回塗ることもあります。

下地の状態や種類など、しっかりと診断した上で塗料を選定することが大切です。