目的別塗料選び

仕上がりの違いは塗料の違い!適切な塗料を選択しましょう。

「塗料って色々種類があるけれど、どんなものがいいかわからなくて…」そう不安な方のために、塗料のアレコレを伝授いたします!

職人さんの腕だけでなく、塗料の違いによっても仕上がりは代わります。

価格や素材、使用環境に応じた塗料を選択することが大切です。

様々な塗料があり、一般の方にはわかりづらいかもしれません。

志村建装では、ご予算や環境に応じた最適なプランをご提案させていただき、お客様と一緒に考えます。

塗料選びのご参考に、志村建装で扱う塗料のそれぞれの特徴をご紹介します。

ご希望の環境、ご予算に応じた適切な塗料を選択しましょう!

建物別塗料

マンション・ビル

マンションやオフィスビルの塗装工事は規模も大きくご予算も大きな案件です。

マンションの場合は管理組合様、オフィスビルの場合はオーナー様がご納得のいただける塗料をご提案します。

といいますのも、コストと耐久性のバランスが一番大切だと思います。

一般的には耐候性の評価の高いフッ素塗装以上がおすすめです。

現代の戸建て建築はひさしがなく、外壁自身の耐久性が大変高く求められています。

過酷な環境の中で住んでいる人や財産を守っている外壁。

1年でも耐久年数の高い高性能塗料を使っていただきたいと思います。

出来ましたらフッ素塗装以上がオススメです。

ご予算に余裕がございましたら、光触媒塗料は壁が汚れず、いつまでもきれいです。オススメします!

店舗改装やリニューアルの場合は、また数年後のリニューアルを考えるとあまり高い耐久性は必要ないかもしれません。

それよりも初期コストを抑えて、減価償却を低くすることのほうが経営者の皆様にとっては大切でしょう。

塗り替えやすさ、塗りやすさ、そしてメンテナンスのしやすさを考えるとウレタンもいい選択です。

逆に耐候性の高い塗料はリニューアル時に落としにくかったり、弊害も。

店のイメージを替える塗装リニューアルは、コストパフォーマンスの優れたウレタンからがオススメです。

工場など大きな面積に塗る塗料は比較的高性能な塗料が吉です。

たとえば、遮熱塗料の効果は、こうした広い面積の建物ほど効果が高いです。

エアコンや暖房のコスト削減は毎日のことです。

10年に1回の塗装塗替えで毎日のコスト削減が出来るのならぜひ試算してみてください。

また壁の汚れは掃除できません。工場は会社の顔。光触媒塗料でいつもクリーンなイメージを保てるというのもいいですよね。

 

 

 

 

良い塗料は、長持ちします。 将来的なトータルコストを考えて。

塗料選びで迷っているお客様には、「良い塗料を使って長持ちさせることが、トータルコスト的にはお得ですよ」とアドバイスさせていただきます。

安い塗料で何度も塗り替えるよりも、質の良い塗料を使い、長持ちさせたほうが、長い目で見たときにはお得なのです。

なぜなら、足場を組む工賃や、職人さんの人件費は、塗料の値段に関係なく一律なのです。

余分な作業費を発生させるよりも、一度の塗り替えで長持ちさせるほうが、コストカットに繋がるとも言えます。

 

お客様に最適なプランをご提案します

塗料の種類がいろいろありすぎてわからない!という方には、志村建装がお客様に最適な塗り替えプランをご提案いたします。

まずは無料診断でしっかり建物を観察し、プロの目線で診断。ご予算や環境に応じて、塗り替えプランをご提案いたします。