外壁塗替え成功のポイント

外壁のひび割れ、内壁の雨染みは、建物のSOSサインです!

家の寿命は、一般的には30年といわれています。

昔の家は庇(ひさし)が長く、外壁に雨が直接当たることを防ぎ、直射日光を防いで劣化を防いでくれました。

100年以上の歴史を持つ旧家などがそうです。

しかし残念ながら、狭い土地を有効に使う現代の住宅事情は庇を長くすることはなかなか出来ません。

その結果、外壁が直接、風雨にさらされることになります。

現代の建物、鉄骨ALCの建物や屋根や庇が伸びていない現代的な建物は、すべて外壁が屋根の代わりになっているようなものです。

外壁のひび割れ、内壁の雨染みはまさに”建物の皮膚がん”。

建物の寿命を縮める赤信号と思ってください。

建物も、人間と同じように寿命があります。

しかし、建物の状態をきちんとチェックして、手入れすることで、建物を長生きさせることはできます。

そのお手伝いが出来るのが、我々塗装工事屋です!

建物の出しているSOSのサインを早めに見つけて、補修してあげましょう。

大切なお住まいを長持ちさせるために、”建物の健康診断”をしましょう。

こんな症状が出てないかチェック 『外壁』

チョーキング

チョーキング壁の表面が白い粉を吹いた状態になっているのをチョーキングと言います。

手で触ると、白い粉が付く状態です。

この白化現象は、塗装した表面が風雨や直射日光で劣化し、本来の持っている艶を失ってしまった状態です。

表面塗膜がそろそろ寿命を迎えているサインです。

チョーキングは艶あり塗装の場合に見られる劣化現象で、艶なし塗装の場合にはまた別の見分け方があります。

触って色が剥げる状態は雨水が外壁内にも染み込んでいる可能性が高いです。

 

亀裂・ひび割れ

外壁亀裂,修理,塗装外壁の亀裂は、建物の中に雨水が入り、建物の構造体を劣化させてしまう原因になります。

モルタル壁は年月の経過とともに水分を失い、表面にひび割れを起こします。

サイディングボード壁は通常ひび割ませんが、張り合わせ部分のコーキングが年月を経て硬化し、亀裂が見られることがあります。

亀裂、ひび割れの修理は早めにしたいものです。

建物の構造体を腐らせないために、早めに処置しましょう。

 

カビ・藻・色あせ

コケ,水垢,藻直射日光を浴びる場所では、紫外線のために色あせが出ることがあります。

塗り替えできれいにしましょう。

カビや藻は、湿気や結露などが原因。

いつもジメジメした北側の壁、庇にカビが生えやすいです。

水垢もキレイにクリーニングしたいですね。

シロアリ対策や、構造体を丈夫に保つためにも、防水加工の下地を施した塗り替えをおすすめします。

 

外壁パッチテスト

どなたでもカンタンにお住まいの外壁の健康状態が分かる簡易診断の方法をお教えしますね。とってもカンタンです。

女性の方なら、新しいお化粧品が肌に合うかどうかテストする、「パッチテスト」ってご存知ですよね。

それと同じようにカンタンに外壁が耐用年数を持っているかどうかテストします。

その方法は・・・、絆創膏を使います。

絆創膏を痛んでいそうな外壁(目立たないところがいいです)に貼って、剥がします。

糊面に塗装の皮がついてきてしまったら、赤信号。

残念ながらもう外壁塗装の寿命です。

今すぐにでも塗装の塗り替えが必要です。

白い粉みたいなものがふいて、糊面についてきたら、そろそろ黄信号。

1~3年のうちに外壁塗装の塗り替えをお考えください。

何もつかない、汚れがつく程度でしたら、合格です!

皆様のお住まいはいかがでしたでしょうか?

100年寿命を伸ばすために、外壁の健康診断、ぜひやってみてください。

こんな症状が出てないかチェック 『屋根』

色褪せ・錆び(サビ)

サビ屋根は直射日光で紫外線を浴び、風雨にさらされているので、傷みやすい部分です。

色褪せが見え始めたら、早めの塗り替えでカバーしましょう。

また、長期間放置すると、雨水で内部まで浸食され、塗装だけでは対処できないほど痛んでしまう場合があります。

雨漏りや室内への漏水防止のためにも、錆を防止する対策をしましょう。

 

ペンキのはがれ

ペンキのはがれペンキのはがれやひび割れを放置しておくと雨がしみ込み、もろくなります。

元の素材を傷めてしまう前に、塗り替えましょう。

建物の構造体を腐らせないために、早めに処置しましょう。

 

藻・苔

屋根の藻、苔乾式コンクリート洋瓦には、瓦表面にスラリー層という砂材や顔料などより構成されされた層があります。

ここが傷むと、藻やコケが発生し、屋根材を傷めてしまいます。

高圧洗浄でていねいに汚れを落とし、適切な処置をしないと塗装後早い段階で塗料が剥がれるということがあります。

施工ノウハウや技術を持った業者を選定し、依頼しましょう。

 

建物の故障は劣化に

近年の環境の変化で、太陽光の紫外線、酸性雨など建物を取り巻く環境はますます厳しくなっています。

屋根は建物の中でも一番過酷な状況下にあり、紫外線や酸性雨、風雨による影響を直接受け、劣化が激しく時間の経過とともに傷んで来ます。

長期間放置しておくと、雨漏り等のトラブルも発生し、屋根面だけでなく建物自体の寿命も短くしてしまいますので、できるだけ早期に塗替えされることをお勧めします。

雨水の漏水により湿気が多くなると、シロアリの繁殖の原因や、カビの発生、住む人のアレルギー発症…など、様々な影響が考えられます。

柱が腐ってしまった家の資産価値はマイナス評価になります。

防水加工など、早めの対応で、建物自体を長持ちさせましょう!

こんな症状が出てないかチェック 『木部』

木部再生

木部再生新築時は彩やかな木目も、年月とともにだんだんツヤを失い、変色してしまいます。

専用の薬品で洗浄し、シミやカビを除去し、白木の状態に戻し、素地調整後から調整します。

木部再生塗装で入念に仕上げれば、古い木でも新築時のように蘇ります。

建物の木部は大変傷みやすい部分です。早めに適切な処置をしましょう。

 

木部再生

「ペンキ屋さんなのに、家具のことまでやってくれるの?」と疑問に思う方もいらしゃるかもしれません。

志村建装では「木部再生」という技術を持っています。

木材への塗装だけでなく、木材そのものが持つ、美しい木目と風合いを、新築時や、新品の製品のようによみがえらせる技術です。

 

家や建材だけでなく、看板や家具も、色々な思い入れがあるここと思います。
傷んでしまったからといって捨ててしまうのはもったいない!

シロアリなどによる被害で構造体が傷んでいない限り、染みやカビを取り除き、きれいにすることができます。

木の製品でお悩みのことがあれば、お気軽にご相談ください。